背縫い

日本の「着物」は、海外で注目されていますね。
色使いの大胆さと繊細さは、類をみないかも知れませんね。
f0319620_14293587.jpg
ドイツで演奏されるお客様。
七五三の時の着物をお持ちいただきました。甘いピンクと対照的な鶴が優雅。

f0319620_14295272.jpg
合間には、共布のショールを肩にかけます。
裾のオレンジが華やかですね。
f0319620_14301578.jpg
見えることがほとんど無いかもしれない、後ろ姿。
松と飛び立つ鶴が、きれいに柄合わせしてあります。

ステージドレス  45.000円~


着物には「背縫い」といって、背中心が縫われています。
反物の幅は36㎝程なので、縫わないと足りないのは当然の事なのですが、もう一説。
背中から悪いものが入ってくる、と信じられていた時代に
「魔がささないように」そして安全を願って、一本の長い糸で背縫いをしたそうです。
背縫いのない子供の着物には「背守り」という刺繍を施して・・・

諸説あるようですが、「日本」を感じますね。


temari



応援クリックして頂けると嬉しいです!

[PR]
by rimeiku-temari | 2015-08-28 15:30 | 着物リメイク ドレス | Comments(0)

横浜市青葉区の手毬洋品店のブログです 。日本が世界に誇る「着物」から、「着てみたかった」洋服へ仕立てます。


by temari
プロフィールを見る
画像一覧