<   2014年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

美しきもの

瓶覗(かめのぞき)桜鼠(さくらねずみ)晒柿(ざれがき)一斤染(いっこんぞめ)

これ、全部、色の名前なんです。

お客様から、素敵なものを頂きました。お母様が大事にしていらしたものだそうで、箪笥の奥にずっとしまっていてもしょうがないから、是非手毬さんに、と。ありがとうございます。

f0319620_18455360.jpg
なんて、美しいんでしょうか・・・・絹糸です。
色の美しさも然ることながら、色の名前がなんとも趣深いです。
やっぱり、日本は大切なものを捨てようとしすぎているのかも知れません。
使うのが何だか、もったいないので、しばらくは飾っておくことにしましょう。

こちらは名古屋帯から。
f0319620_18473162.jpg
f0319620_18480977.jpg
ファスナー付きバッグと、お稽古バッグです。両方共、裏地に着物を使っています。

ファスナー付きバッグ (マチ有り)  8.000円
お稽古バッグ (マチ無し)      4.500円

手毬洋品店では40代~80代の縫子さんに働いていただいてます。
上のバッグも、もうすぐ80歳になる縫子さんに作って頂いたオーダー品。
柄の置き方、色の取合せ、ちょっとしたバランスなんですよね。全部お任せです。
いつも赤い革ベルトの時計に、ギャザースカート。とっても可愛い縫子さん。
その凛とした姿を見ていると、とても疲れたなんて言ってられません。
さぁ、また月曜日から頑張らなくちゃ。

temari





[PR]
by rimeiku-temari | 2014-05-31 17:08 | Comments(0)

大島のアンサンブル

久しぶりに、大物のお仕立てです。
f0319620_09154080.jpg
大島からの、アンサンブル。中国でお仕事をされている方のオーダーです。お会いしたのは
打ち合わせの一度きりでした。入念に採寸と打合せをして、仮縫いはメールの画像やりとり。
f0319620_09151103.jpg
中は半袖のワンピース。袖が付いているので、一枚でも安心して祝席に着ていただけます。
ジャケットはお仕事でも重宝しますね。
お若い方なので、ウエストで切り替えて少し可愛さが残る雰囲気に。
f0319620_09160742.jpg
スカートの裾は、共布を上から貼って切り替え風に。
これは、縫子さんからの提案です。スカートのふんわり感が出ていい感じです。
f0319620_09164444.jpg
ジャケットはノーカラーで前はホック。袖口は折り返せるようにスリット。

紺色ベースの渋い大島でしたので、デザインは出来るだけ洋服らしくしました。
あまり可愛くしすぎると、飽きてしまうのでシンプルに。アクセサリーで変化がつきます。
どこに着ていっても、失礼がないとても「感じの良い」洋服に仕上がりました。

受け取りに来られたのはお父様でした。
「娘に、きちんとした洋服を作ってやるのは初めてなんですよ。良かった。」
と、にこやかに笑っておられました。
既製品が溢れている現代、なかなか「仕立てる」という機会は無いかもしれません。
ご両親から、娘さんに「洋服を仕立ててあげる」
最高の贅沢、なのかもしれませんね。

temari




[PR]
by rimeiku-temari | 2014-05-30 18:10 | Comments(0)

クラシック・スタイル

洋服の流行はぐるぐる回る、と言われます。
まあ、肌の見せる部分も限度がありますし(いくら暑くてもね)
腕も足も動かせるように作らなきゃいけませんもんね。斬新さにも限度があります。
最近は、ハイウエストだったりペプラムだったり。ちょっとクラシックですね。

f0319620_17221152.jpg
ハイウエストでミモレ丈のタイトスカート。脚が長く、足首を綺麗に見せるデザインです。
生地はお客様の持ち込みで、絹の手織りだと思われます。
サマーツィードのような風合いで今の季節にぴったりですね。オレンジの色合いが素敵。
f0319620_17233029.jpg
後ろはボックススリット。脚が見えないようになっています。
f0319620_17235938.jpg
こんな感じで着たら爽やかで素敵かしら?夏はカジュアルにして、初秋になったらボウタイのブラウスや、ハイネックのセーターなんかも良いですね。パンプスを合わせてクラシックに。
メリハリのある、素敵なスタイルのお客様。タイトスカートがとってもお似合いでした。

デザインタイトスカート  18.000円~

母の昔の洋服、着てみたいものがいくつかあったんですが・・・小さくてとても入らない。
今のようなチュニックで体を隠す概念は無かった時代、体にピッタリ寄り添った服ばかり。
スカートなんて、膝上20cm以上。今の若い子のこと、言えないね・・・・。

temari



[PR]
by rimeiku-temari | 2014-05-29 18:33 | 着物リメイク スカート | Comments(0)

服ノチカラ

10年以上前の、大好きなドラマのタイトルを真似してみました。
すぐにわかった方、同年代ですね~。

今日は、素敵なモデルをご紹介させていただきます。

5月27日のブログでご紹介した「葉っぱアップリケのワンピース」
f0319620_17501517.jpg
とてもおしゃれなお客様。メガネのグリーンと、シルバーがかった髪に
ふんわりとしたワンピースがとてもお似合い。ネイビーの葉っぱモチーフのサンダルも
合わせて買っていただきました。手毬に来てから、着る服が可愛くなったとか。

5月21日のブログでご紹介した「ジャケット」と「アロハシャツ」

f0319620_17504583.jpg
想像通りの、格好良さでした。黒ベースにアクセサリーのエメラルドグリーンが
とても良いアクセントになってます。
f0319620_17495097.jpg
背があるので、こんな個性的な柄も嫌味がないですね。
柄の配置や、柄合わせに感動していただきました。地色のピンクが顔色によくお似合いです。

最後に・・・
f0319620_17511449.jpg
洋服のもつ「チカラ」は、とても大きいものだと思います。
気分がどうしても落ち込む時は、自分に一番似合う洋服を着てみる。
頑張らなきゃいけないときは、かちっとしたものを着てみる。
そんな気持ちに寄り添うお洋服を、ここから作れたらいいなと、思うのです。

temari




応援クリックして頂けると嬉しいです!







[PR]
by rimeiku-temari | 2014-05-28 18:32 | Comments(0)

葉っぱ

去年、鉢で買ってきた紫陽花を秋に地植えにしました。
ぐんぐん大きくなって、小さい花芽がつきました。あと数カ月かな・・楽しみです。
道路脇の木も葉っぱがたくさん茂って、真夏にはいい日陰を作ってくれることでしょう。

自然の緑に負けない鮮やかなジャケットが出来上がりました。
f0319620_17250790.jpg
4月16日のブログでご紹介したのと同じ形なんです。印象はだいぶ違いますね。
これだけ大きく葉っぱだけが織られている帯は珍しいです。
ワンピースに、ジャケットの上から長めのパールを重ねて、祝席にも対応できますね。
普段には、明るいグレーや白いパンツでカジュアルに着るのが素敵です。

名古屋帯からのジャケット  35.000円~

葉っぱつながりで・・・
f0319620_17261199.jpg
喪の着物からお仕立てしたワンピース。
パッチワークは、いろいろな大島からつくった葉っぱ。ステッチの色も変えてあります。
真っ黒の状態も素敵でしたが、やっぱりミセスには可愛いものを着て頂きたい。
黒のままだとアクセサリーや小物を考えなくちゃいけないけれど、これだったら
一枚でおしゃれに決まります。それって、嬉しいことですね。

パッチワークワンピース  23.000円~
※パッチワークの色や配置はお任せいただきます。

f0319620_17243747.jpg
最後に、浴衣のパッチワークスカート。真夏に、白いTシャツとサンダルに合わせて。
綿だから正絹よりも気軽に着られて、洗濯もザブザブ出来ちゃいます。
着なくなった浴衣、捨てる前に一度スカートにしてみませんか?

浴衣スカート  9.000円~

temari





[PR]
by rimeiku-temari | 2014-05-27 18:03 | Comments(0)

総柄のチュニック

手毬洋品店は、バスの中からもよく見えるので、外に色々並べてあります。
でも今日のような風が強い日は、飛んでいっちゃうので無理なんです・・・。
トルソーに着せている服さえ、脱げるんです。着物服は軽いからですかね?

ボートネックのラインが好きでよく着ているのですが、難点は肩がずれること。
お客様からも、そんなご要望がありました。
f0319620_17551139.jpg
ボートネックのチュニック。肩があまり見えすぎない方が良い、との事で
肩に三角の布を足してあります。
f0319620_17554417.jpg
これだと、下着を気にしなくても大丈夫。
有田焼のような華やかな総柄でしたので、極力シンプルなデザインにしました。
よく見ると、鳳凰の顔がとても可愛い。白地なので軽い雰囲気ですね。
背の高い、すらっとした、モダンな雰囲気の方なのでぴったり。

チュニック  18.000円~


先日、とあるお客様から電話がありました。
オーダー品をお渡しした翌日でしたので、何か不手際でも・・と思ったのですが
作った服を着て見せたら「君がそんなに綺麗な人だとは知らなかった」
と、ご主人に言ってもらった喜びのお電話でした。
そんな風に褒められたなんて、こちらもとても嬉しいです。よくお似合いでしたから。

私としては言われたいような、背中がモゾモゾするような・・・・。

temari



[PR]
by rimeiku-temari | 2014-05-26 18:36 | Comments(0)

裏と表

着物を洋服に仕立て直すとき、表と裏をひっくり返すことがあります。
着物の立場からすると、とんでもないんで事なんでしょうけど。
裏の方が、汚れていなかったり、色がきれいだったり・・・。

こちらは、縫い子さんが「裏も良いんじゃないですか?」と提案してくれました。
f0319620_18172163.jpg
縮、だと思うのですがきれいな紫の着物でした。
パンツに使ったのが表。ブラウスが裏です。衿のブルーは他の着物の八掛。
とても個性的なセットですが、オーダー頂いたお客様ならきっと似合いそう。
f0319620_18175256.jpg
足首の見える丈なので、真夏に重宝すること間違いなしです。
普通のTシャツに合わせてもエスニックな雰囲気で着られそうです。
洗ったら、三分の二くらいまで縮んだので、カサっとした風合いになりました。
それが逆に、気持ちのいい肌触りに。
f0319620_18185791.jpg
ブラウスの後ろです。前に衿が付いてるデザインも可愛いかも。今後の参考に・・・。
白の部分からちょっと柄が透けてますね。色柄がちょっと銘仙みたいです。

パンツとフレンチブラウス   30.000円

ひっくり返したり、つなぎ合わせたり。着物リメイクはパズルです。

temari



[PR]
by rimeiku-temari | 2014-05-24 09:19 | Comments(0)

初夏のワンピース

来週、小学生の甥が遠足に行くそうです。
遠足といえば、おやつを買いに行くのもイベントの一つ。
私は年の離れた兄が二人いるのですが、よく遠足当日おやつが無くなってました。(しかもメインの!)
だから、隣に住んでいた祖父が慌てて「ぽたぽた焼き」を持たせてくれたっけ。
犯人は見当ついているんだけど、もう時効かな・・・・。

こちらは「汚れちゃってるんだけど、母がよく着ていた着物だったから」とオーダーいただきました。
f0319620_18162193.jpg
白の綿絣です。肘が少し隠れるワンピースに仕立させて頂きました。
気になる肘や、首元をさりげなく隠してすっきりと。
f0319620_18165285.jpg
胸の下で、丸く放射線状に切り替えてあります。首元はちょっと浮かせたボトルネック。
とても首がきれいに見えるデザインですね。

普段に着ていらっしゃったお着物なので、汚れや裂けなどもたくさんありました。
きっと、この着物でたくさん家事をこなされたんでしょう。
古いお着物ですので、売っているお洋服のように丈夫では無いかもしれません。
ですが、たくさん着て、思い出を重ねて頂ければ、と願っております。

f0319620_18192822.jpg
店にある「ゆすら梅」の実が、ほんのり赤くなってきました。
葉の影に隠れて、少し恥ずかしげ。真っ赤になったら、夏が来るのかな?

temari




[PR]
by rimeiku-temari | 2014-05-23 18:50 | 着物リメイク ワンピース | Comments(0)

脇役から、主役に。

着物を着るには、いろいろな脇役が必要です。
洋服の下着はわりとそっけないものが多いけれど、着物はとても華やか。
「見えない」もしくは「ちらりと見える」一瞬のために綺麗なものを身につけます。

こちらは長襦袢から。
f0319620_18065250.jpg
なんて可愛い色合い。どんな着物の下に着たんだろうなぁ・・・。
縫い子さん曰く、「洗ったら半分以下に縮んじゃったんですよ」との事。
アイロンで伸ばさず、そのままの状態で仕立ててあるのでニットのように伸びます。
f0319620_18071941.jpg
さすがに、一枚では外に出かけられそうにないので。
白いシャツを羽織って、下にレギンスや細身のジーパンを合わせたら可愛いかな?
ちょっと大きめのピアスやアクセサリーを合わせて。
夏の暑い日には、家の中でぜーんぶ脱いで一枚で着たら涼しいですよ~。
シワにならないので、旅行なんかには最適ですね。

既製品 長襦袢ワンピース  7.000円

f0319620_17522270.jpg
こちらは後ろ姿。前は普通のラウンドネックです。
実は、着物の八掛から仕立ててあります。着丈はギリギリなのでちょっと短め。
ロングスカートに合わせると素敵です。ジャケットやブラウスのインナーにも。
着物の時は脇役だった八掛、今度は主役になれそうです。

八掛からブラウス  13.000円 (後ろあき)


temari


[PR]
by rimeiku-temari | 2014-05-22 18:06 | Comments(0)

ぎりぎりのライン

食べ物は腐る直前が一番美味しい、らしいです。
確かにバナナも黒くなりかけた方が甘いし、チーズもちょっと焦げたほうが良い。
だけど、そこの「ぎりぎり」を見極めるって難しいですよね。

そんな「ぎりぎり」を狙ったオーダー品のご紹介です。
f0319620_00022435.jpg
色使いの個性的な、男物の羽裏からお仕立てしたアロハシャツ。
怖いお兄さん(?)が屋台で着てそうな感じを払拭するため、品の良い、同色のくるみボタンで仕上げました。
f0319620_00025362.jpg
背中のプリーツ部分。柄合わせをきちんとしてあります。
松と、極楽鳥と、本、でしょうか。艶やかですね。
ジャケットの裏なんかに使うと、かえって悪目立ちしそうでしたので
思い切って一枚で着られるようにしました。

アロハシャツ  22.000円~

f0319620_00032263.jpg
こちらは羽織から。黒地に銀糸の模様。
フリル衿のブラウスにしてしまうと「デパートのおばさん服」まっしぐら。
タキシード風のロングジャケットに仕立させて頂きました。
予想以上に格好良い仕上がりになりました。
背の高いお客様なので、きっと宝塚の男役みたいで素敵なはず。

一歩間違えると、下品。こっちに転べば個性的。
そんな、ぎりぎりのラインのお洋服っておしゃれで個性的ですね。
「こんな派手な着物、どうしようもない」
そんなお着物や羽織、意外と個性的で素敵なものに化けるかもしれませんよ。

temari



[PR]
by rimeiku-temari | 2014-05-21 18:09 | 着物リメイク ブラウス | Comments(0)

横浜市青葉区の手毬洋品店のブログです 。日本が世界に誇る「着物」から、「着てみたかった」洋服へ仕立てます。


by temari
プロフィールを見る
画像一覧